西

Concept

紙と切り絵と金箔の風になびく新感覚ジュエリーで、身近にアートと伝統を。
このジュエリー1つで、お洒落を楽しみながら、アートと伝統を身近に感じることができます。
空気のような軽やかさが、今の時代を生きる凛とした女性の仕事も日常も豊かに彩ります。金箔の風合いがアンティーク調の独特な雰囲気を生みだします。
技術、素材共に日本ならではという特色を生かし、海外展開にも力を入れています。
2019年、2020年にパリ産業展出展を経験、2020年12月にはおもてなしセレクションを受賞し、現在ニューヨーク、シンガポールのテストマーケティング出展を行う等、国内外で多くの評価を得ています。
新感覚でありながら、伝統を感じら れる素材となっており、2021年3月には特許権が受理され、その質と特殊性がより多くの評価を受けていくことが想定されています。

KIRIEBIJOU Series

FUWARI (ふわり)

ふわりと時代をこえて、「時の流れ」を感じさせる現代に蘇ったオリエンタルモダンジュエリー。(一点もの)

HAKU (箔)

繊細な透かし模様で、フィレンツェの彫金・欧州亜ティークを思わせながらも、七宝や麻の葉等日本の伝統模様を多数取り入れた、和モダンジュエリー。

スターダスト

色銀箔を砂のようにまぶした、まるで螺鈿のような輝き。

MIYABI(雅)

日本の伝統模様をそのまま凝縮した、金箔とプラチナ箔のジュエリー。

Material

KIRIEBIJOUは、水に強い特殊な紙で出来ています。ベースとなる紙に、漆を塗り、K24箔押しをしています。紙の性質や透彫技術を熟知した切り絵アーティストにより開発されているため、純金の輝きと唯一無二のジュエリー素材を実現できました。新感覚でありながら、伝統を感じられる素材として2021年春、特許をとりました。

Features

KIRIEBIJOUの機能性はなんといってもその軽さにあります。重厚感のあるゴールド・プラチナの風合いはそのままに、大振りなのに長時間つけていても負担になりません。また、ベースとなる素材は特殊な紙のため、長時間水につけたとしても強度が失われることはありません。

Trend

昨今では、大振りのジュエリーをつける人が増え、KIRIEBIJOUでも、大振りのデザインを多く取り入れています。また、軽い素材のジュエリーも、最近では見る機会が増えてきていますが、KIRIEJEWELRYは、そのどちらも備わっています。作家・デザイナーとしての世界観のあるコンセプチュアルなデザインを基本としていることから、付加価値度の高いジュエリーとなっています。

Information

New Items

PAGE TOP